煮魚の割合と作り方【糸より鯛の煮付け手順】

【糸より鯛の煮付け】

今回は寒い季節に旬をむかえる「糸より鯛の煮付け」をご紹介したいと思いますので、煮物の献立和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

煮魚の割合と作り方

糸より鯛の煮付け

「作り方手順」

【1】最初に、うろこと内臓を取りのぞいた糸より鯛に切り込みを入れてください。

そして、胸びれが立つ状態まで霜降りをしたあと、残っているうろこを取りのぞいてください。

【煮魚を美味しくする下ごしらえ】 今回は煮魚を美味しく作るために必要な「霜降り」の手順をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。 煮魚を美味しく作る下処理 魚の霜降り方法、手順 【1...

■ 霜降りがやりづらい場合は、魚よりも大きい容器に糸より鯛を入れ、その中に湯を入れてください。

【2】次に、煮汁を合わせてひと煮立ちさせ、糸より鯛を入れてください。

「煮汁の割合」

150㏄
150㏄
みりん 50㏄
濃口醤油 大さじ3杯
砂糖 大さじ3杯

【3】このあと、アクを取りのぞいて中火にし、落し蓋をして火を通してください。

■ 目玉が完全に白くなった状態で、身に火が通っています。

【4】そして、仕上げにしょうがのしぼり汁を加えて香りをつけ、たまり醤油少量で色付けすると完成です。

糸より鯛の煮つけ,秋から冬の食材と煮物の献立

写真は、魚と一緒に煮た管ごぼうと下味をつけた絹さや、針に切ったしょうがを添えております。

管ごぼうの作り方手順

春の旬野菜「絹さやの色出し煮」今回は春に旬をむかえる絹さやのお浸しをご紹介したいと思いますので、煮物の献立や和食調理にお役立てください。

針しょうがの切り方手順

今回は、糸より鯛の煮つけをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「魚介レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報