鶏肉の煮物レシピ【手羽先の揚げ煮の作り方】

【鶏の手羽先の煮物】

今回は鶏の手羽先を低温の油で下揚げしたあと酒、醤油、砂糖、みりんでこってりと煮つめる料理をご紹介したいと思いますので、煮物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

肉類の煮物レシピ

手羽先の揚げ煮の作り方

【1】最初に、手羽先の皮がついていない方から骨と骨の間に包丁で切り込みを入れてください。

そして、手羽の先を約5㎜切り落として、食べやすくしてください。

鶏の手羽先を煮物にするときの下ごしらえ

【2】次に、手羽先を150℃の油で素揚げしてください。

注:手羽先を揚げるさいは高温の油でヤケドをしないように十分注意してください。

【3】そして、煮汁の合わせ調味料をひと煮立ちさせて手羽先を入れ、しょうがの薄切りを加えてください。

手羽先の煮物,すっぽん煮の煮汁

【煮汁の割合比率】

みりん
濃口醤油

【4】このあと、強火で煮つめていき、煮汁の量が最初の1/3になったところで搾りしょうがを加えてください。

■ 酒の肴(さかな)として利用する場合は、この段階で火を止めてください。

【5】濃いめの味の惣菜にする場合は、さらに煮つめて照りとつやを出してください。

【盛りつけ例】

手羽先のすっぽん煮

焼き子芋の八方煮、結び人参

手羽先のすっぽん煮

【関連】

鼈煮(すっぽんに)とは煮物の調理方法のひとつで、スッポンを油で炒める、または揚げてこってりと煮た料理のことです。【作り方と特徴】スッポンは、おろしたあと霜降りをして薄皮を丁寧にむき取ります。そして油で炒めたり、揚げたりしたものを酒、醤油、砂糖、みりんなどで煮つめて、仕上げに搾りしょうがを加えるのが特徴です。

肉類の煮物一覧を見る

煮物の献立一覧を見る

冬の料理関連一覧を見る

今回は、手羽先の煮物をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク