印籠煮(いんろう煮)の語源と意味【和食の煮物用語集】

スポンサーリンク


印籠煮(いんろう煮)の由来とは

和食の煮物、料理用語集

印籠煮「いんろうに」

仕上げの形を武士が腰につけていた「印籠」に見立てた煮物のことです。

主な例では筒切りの穴子やうなぎを甘辛く煮たものや、魚、いかの内臓を取りのぞいて中に野菜、米、豆腐、けんちん地などを詰めた料理があります。

そして、魚介、肉類などを芯にして他の食材で「印籠」のように巻いてから煮た料理も印籠煮といいます。

※ 印籠のように巻いた場合は献立に「印籠巻き」と書くこともあります。

【関連】

⇒「うなぎの印籠煮を作る方法とコツ

⇒「料理の献立名に使われる印籠とは

【料理用語関連】

他の煮物用語や料理の語源につきましては≫「煮物の語源、意味、由来【料理用語集一覧】」に掲載しておりますので参考にしてください。

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

≫「煮汁の割合50音一覧」へ

≫「刺身の種類と造りの名称一覧

≫「焼き物関連、串の打ち方一覧

≫「焼き物用語、語源、由来一覧

≫「蒸し物用語、語源、由来一覧

≫「揚げ物用語、語源、由来一覧

≫「語源や意味、料理用語集」へ

≫「料理の雑学一覧

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音

≫「日本料理、煮物の献立一覧

煮物作りや和食調理にお役立てください。

次回は違う料理用語でお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報