翁煮(おきなに)の意味、語源、由来【和食の煮物用語集】

翁煮(おきなに)の語源、由来

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

翁煮(おきなに)とは

白髪昆布(とろろ昆布)などの削った昆布を材料にまぶした煮物で、和え物の場合は翁和えといいます。

また、昆布を使う煮物の総称として「松前煮」があり、北海道の昆布で有名な産地を昔は松前と呼んでいたことから、この名があります。

(翁煮の例)

海老の芝煮や、野菜の吸い地煮などを煮汁から引きあげ、削り昆布をまぶして煮物や、八寸の一品として盛りつけたりします。

【関連】

魚介の煮物一覧

海老の芝煮を煮る方法

煮物の料理用語集、芝煮とは

翁(おきな)

おきなとは、年を取った男性のことを表し、白髪昆布などの削り昆布が老人の白髪を想像させることから、この名があります。

(例)翁焼き、翁蒸し

翁揚げとは

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク