冬の煮物~水菜を色よく油揚げと煮る方法【日本料理の献立】

【冬の献立】

冬の煮物~水菜を色よく油揚げと煮る方法

今回は、冬食材の水菜を色よく煮物にする方法をご紹介したいと思います。

水菜は油揚げとよく合い、煮る際は歯ごたえを残して仕上げます。

スポンサーリンク

水菜の緑を色よく煮る方法~油揚げと水菜の煮物レシピ

IMG_1137

水菜と油揚げの煮物~作り方

「作り方」

材料は、水菜、油揚げ、七味唐辛子を用意してください。

【煮汁の割合】

【だし汁:薄口醤油:みりん】=【16:1:1】

この煮汁は本ブログでご紹介しております、八方だしを2倍に薄めた分量です。

【関連記事】八方だしにつきましては、だし汁と醤油・みりんで煮物がたくさん作れますを参考にしてください。

(1)

水菜と油揚げを約3cmの長さに切ってください。

このとき、水菜の葉と茎の部分を分けて切り、揚げの油抜きをする場合は熱湯をかけたあと冷まして切ります。

IMG_1067

(2)

次に、煮汁を強火でひと煮たちさせた鍋に油揚げを入れてください。

水菜や白菜などの葉物は、最後まで強火で煮てください。

IMG_1119

(3)

そして、煮汁を再度煮たてた鍋に、水菜を茎の方から入れてしんなりとさせてください。

IMG_1125

(4)

このあと、葉を入れて2~3分間煮て火を止め、鍋底を冷水につけて一気に冷やして「水菜と油揚げの煮物」が完成です。IMG_1137

■青味野菜の色素「クロロフィル」は、熱に弱い性質があって色がすぐ悪くなりますので手早く色止めしてください。

緑色の色素「クロロフィル」

クロロフィルは、植物が光合成をするのに重要な働きをしている物質でもあり、青味野菜を長くゆでたり、ゆで上げを冷水に取らずにそのままにしておくと、色が悪くなるのは野菜の中に含まれている有機酸によって違うものに変化してしまうからです。

酢のものにして長時間おいた場合、色が悪くなってしまうのも同様です。

今回は、青味野菜の葉物を煮る方法をご紹介いたしました。

水菜を煮る際や小松菜と油揚げの煮物などを作る参考にされてはいかがでしょうか。

【水菜の煮物 関連】

■⇒緑色を色よく仕上げる方法~茸と水菜のお浸しの作り方手順

【参考】煮物の割合レシピ

■⇒料理別~煮汁の割合と配合の一覧表

■⇒八方だし煮物レシピ一覧

―姉妹サイト―

【八方だしの作り方】

詳しい内容は「塩八方、酒八方、濃口八方、薄口八方の割合と作り方」をお役立てください。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報