焼き万願寺唐辛子の煮びたし【作り方とあぶるときのコツ】

スポンサーリンク


夏の食材、焚き合わせの青味野菜

「焼き万願寺唐辛子の煮びたし」

今回は夏の小鉢や焚き合わせの青味野菜などに使える「焼き万願寺の煮びたし」を色よく仕上げる方法と、あぶるときにこがさないためのコツをご紹介したいと思いますので、煮物作りや和食調理などにお役立てください。

焼き万願寺の煮びたし方法

煮汁の割合(八方だし)

だし
薄口醤油
みりん

最初に、この割合を、お玉で杯数をかぞえながら順番に鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷たくひやしてください。

そして、醤油は色よく仕上げるために薄口を使ってください。

【関連】

煮汁の詳しい内容につきましては⇒「だし汁とは!八方だしの簡単な作り方とコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

万願寺唐辛子の下処理

万願寺唐辛子は縦半分に切ったあと、種とへたを取りのぞいてください。

そして、半分に切った唐辛子を3~4本並べて、金串を横向きに打ってください。

この段階で下処理は完了です。

焼き万願寺を作る工程

直火であぶるときの方法とコツ

【1】串打ちした唐辛子を、そのまま直火であぶると、表面だけが黒くこげて火が通りませんので、全体に油をぬってください。

■ このとき、揚げ物の油が鍋に用意してある場合は、その中にさっと通して油切りすると手早く調理できます。

【2】このあと、唐辛子を直火であぶって、全体に焼き色をつけてください。

【3】そして、冷たくひやした煮汁に浸けこんで、半日ていど味をなじませると「焼き万願寺の煮浸し」の完成です。

今回は唐辛子を焼いてから煮汁に浸けましたが、揚げてから味を含ませると「揚げびたし」が作れますので参考にしてください。

【関連】

油で揚げて色よく作る青唐のお浸し

青唐,揚げ浸し,あおとう,おひたし,あげ

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

⇒「夏の料理に使える旬の食材一覧表

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「煮汁の割合と配合50音一覧

⇒「鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報