奉書煮(ほうしょに)の語源と意味【煮物の料理用語集】

奉書煮(ほうしょに)の語源、由来

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

奉書煮(ほうしょに)とは

奉書煮(ほうしょに)とは、奉書紙を巻いたように煮た料理につける名称で、かにの身を大根の桂むきで巻いて煮たものや、鴨ミンチをかぶので巻いたものなどがあります。

奉書紙とは

コウゾというクワ科の植物の繊維を原料にした「和紙」のことで、楮紙(こうぞがみ)と呼ばれる紙の一種です。

奉書とは

奉書とは「上意を奉じて下す命令の文章」という意味があり、この文章に用いたことからつけられた名称です。

そして、煮物の他にも巻き紙の形を模してサーモンをかぶの桂むきで巻いて酢の物に仕立てた「奉書巻き」や奉書紙そのもので鱸(すずき)の切り身を包んで蒸し焼きにした「奉書焼き」が有名です。

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク