巻繊煮(けんちんに)の語源、意味、由来【和食の煮物用語集】

巻繊煮(けんちんに)の語源、由来

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

巻繊煮(けんちんに)

けんちん地を魚や鶏肉で巻いたり、包んだりして煮た料理のことです。

■ けんちん地とは細く切った野菜を油で炒めて、その中にくずした豆腐を入れ、さらに炒めたものです。

そして、豆腐の代わりに卵を使ったものを「卵けんちん」といいます。

巻繊(けんちん)とは

巻繊の「巻」は巻いたもの「繊」には小さく切るという意味があり、油を使うところが特徴です。

また、けんちんは中国から伝えられた卓袱料理(しっぽくりょうり)のひとつで巻煎とも書き「けんちぇん」または「けんせん」といい、元来はもやしを油で炒めて湯葉で巻いたものや、くずした豆腐と細切り野菜を湯葉や金紙玉子で巻いて揚げた料理であったとされます。

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク