琥珀煮(こはくに)の意味とは【和食の煮物、料理用語集】

琥珀煮(こはくに)の意味

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

琥珀煮(こはくに)とは

色煮の一種で、冬瓜などの材料を琥珀色に煮上げた料理のことです。

琥珀色とは

黄色と茶色を混ぜて透明にしたような色で、砂糖を加熱した透明の飴(あめ)や茶色みがかったビールの色に似ています。

(例)琥珀飴や琥珀ビール等が商品として販売されています。

琥珀とは

大昔の植物の樹脂が化石化したもので、指輪やネックレス等のアクセサリーを作る材料として使わています。

【参考】

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物に使える飾り切り方法一覧

煮汁、だし、たれ、あわせ酢

【調味料割合と配合50音順一覧】

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物に関連した「語源、意味、由来」などを料理別に整理いたしましたので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立、料理用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

焼き物手法と串の打ち方一覧

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物の献立一覧を見る

季節別、旬の食材一覧へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク