たこをやわらかくサッと煮る方法とコツ【吉野煮の作り方】

スポンサーリンク


「たこの吉野煮」

今回は、たこに切り込みを入れて、くず粉をまぶして煮る「吉野煮」の作り方をご紹介したいと思いますので、和食調理や夏の献立などにお役立てください。

たこをやわらかく煮る吉野煮の作り方

蛸,たこの吉野煮

吉野煮の作り方、下ごしらえ

【1】最初に、たこを約1㎝に切ってください。

たこ切り方,切り身

そして、深さ半分までの切り込みを数か所入れてください。

たこの吉野煮,切り方IMG_4352

↓↓↓

たこ切り込みIMG_4354

【2】次に、そのままの状態で裏がえしてください。

■【1】で入れた切り込みは、つまようじの方向になります。

たこ切り込み裏返しIMG_4355

※ 上下が入れかわっても切り込みの方向は変わりませんが、縦と横を入れかえると、向きが反対になります。

そして、【1】の切り込みと平行に切ることになりますので気をつけてください。

【3】この後、裏にも同じように切り込みを入れて【1】の切り込みと交差させてください。

たこの切り込み方法IMG_4356

↓↓↓

たこの切り込み手順IMG_4359

切り込むときのコツ

たこを裏がえすと表より切りづらいですから、つまようじを挟んだ状態で切ってください。

そうすると、刃が入りやすくなり、下まで切り落とすことがなくなります。

【切り込みを入れた後の状態】

たこの切り込み,やわらかく煮るIMG_4360

くず粉をまぶして下ゆでする工程

たこの表面にくず粉、または片栗粉をまぶしてください。

そして、湯の中に入れて粉がすき通ったところで冷水に取ってください。

※ くず粉を使うときは、細かくすりつぶしてからまぶしてください。

たこを煮る工程

「煮汁の割合、比率」

だし 10
薄口醤油
土しょうが(くさみ消し用) 適量

■ この煮汁をたこが完全に浸かる分量の2倍で合わせてください。

そして、甘味を加えるときは砂糖を入れてください。

「たこを煮る手順」

【1】煮汁を煮立たせ、半量を別の容器に入れて、冷やしてください。

【2】そして、鍋の煮汁に土しょうがを加えてから、たこを入れ、サッと火を通してください。

■ 切り込みが入っていますので、数分で火が通ります。

【3】このあと、穴あきのお玉で冷やした煮汁に移しかえると「吉野煮」の完成です。

たこ,吉野煮,地浸け,蛸

「盛りつけ例」

蛸,たこの吉野煮

【関連】写真のごぼうを作る方法につきましては⇒管ごぼうの作り方手順に掲載しておりますので参考にしてください。

煮るときのコツ

たこを煮汁に入れたまま冷ますと、かたくなりますので、ひやした煮汁に移してあら熱を取り、火が入りすぎないようにしてください。

■ 同じ方法で作れる、いかの煮物につきましては⇒「いかをやわらかく煮る方法、吉野煮の作り方」に掲載しております。

烏賊の吉野煮,いかよしのに

【イカの煮物関連】

■⇒イカをやわらかく煮るコツ3つ

【タコのやわらか煮関連】

■⇒たこをやわらかく煮る3つの方法とコツ

たこ、蛸やわらか煮

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「煮汁の割合と配合50音一覧

⇒「鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報